クラミジアの感染

クラミジアはどのように感染するかご存知でしょうか。

クラミジアの感染は性行為が主な要因と言われており、空気感染などでは感染することはないと言われています。
また、感染した場合の生息場所が喉だったり、性器だったりすることから、性行為と言ってもキスやオーラルセックスでも感染する可能性が高いことが分かります。

性行為という言葉に惑わされがちですが、喉にいる場合は、口から感染する可能性も高いということになります。

元々クラミジアは、感染力も非常に強く、性行為をした場合約二分の一の確立で感染すると言われています。
その為、パートナーのどちらが感染していた場合、確実にもう片方にも感染するのも時間の問題と言えるでしょう。
但し、性行為(キスを含む)で感染する為、性行為(キスを含む)行為をしていない場合は、感染の可能性が低くなると言えます。

相手に感染しないなら、それでいい。この病気はそういう訳にはいきません。

特に女性の場合、子供ができない状況にまで陥る可能性が出てしまいます。
そのことから考えても早期発見、即対応が望まれる感染症と言えるでしょう。

男性に関しても、精巣炎症の原因とされていることから、やはり子供を作ることのできない体になってしまう可能性も否めないため、早めに発見して対応することが大事です。

どちらも症状としては、性器のかゆみや排尿痛などから始まります。
女性の場合、おりものが通常時よりも多くなったりします。日常のちょっとした変化しかかかりはじめは分からないことから、気のせいかっだけで終わってしまう場合もあります。
それをそのまま放置してしまうと、どんどん性器の奥にこの病原菌が進んでしまいます。
そうなると、症状は悪化し、高熱が出たり、腹痛と言った形でもう少し分かりやすい体調面の不調が出てきます。
こうなれば、本人もおかしいと気が付いて病院に行くこともできますが、場合によってはこれでも気が付かない方もいます。
風邪をひいたかなとか、仕事が忙しくて体の調子がちょっと悪いだけかなと考える方もいらっしゃるかもしれません。

自身の体調については、本当に些細なことは特に見逃しがちです。
あまりにも続くようであれば、まずは気のせいと思わず、病院に行って検査を受けることも大事になります。
そうすることで、大きな病気を引き寄せないという対策も可能なのですから。